ブログ

トイレ修理をプロに頼んだ方がいい理由

その道のプロならわかる、自分で修理するより専門業者に頼んだ方が良い理由

トイレのトラブルに関して修理は自分で行わずに、専門業者に依頼するのがいいと言われる理由としては、DIYに慣れていない人が多い事が大きいです。DIYで簡単に治る部分も多い場合がありますが、慣れてない人が手を出した結果、水道管を破損してしまう危険性もあるため、水漏れ修理業者に依頼したほうがいいと考えられる人が多いです。
また、老朽化している水道管や蛇口に関しては、水漏れを直したからとはいえ、再び壊れる可能性もあり、どの程度で交換したらいいか、目安がわからない人がほとんどなので、プロに依頼することが多いといわれています。さらに、単純な機器や見える部分の水道管に関しては、すぐに応急処置をとれますが、敷地内で場所がわからない場合も多々あります。対応するためには水漏れ修理のプロに現場に来もらい、場所を確認後、修理見積もりをもらって直すことを検討する事がベストです。直す場所周辺だけでなく、配管、機器両方が故障している場合には、水漏れ修理業者に依頼しなければ対処しきれないとが事例が多く、ひどい状態の時には早急にプロに見てもらったほうがいいといわれ、安全かつスピーディーに対応してもらえます。一番大きな理由としては、プロに相談することである種の安心感があり直してもらえることが確実となるからです。
自分で修理した結果、最終的には費用が多くかかってしうこともあり、トイレの交換は専門業者に依頼した方が、お勧めだという理由があります。

専門業者に依頼した方が結果的に工事期間が短くなる

業者に依頼せず、自分で修理すれば費用が節約が可能ですが、その分「時間」と「労力」が掛かります。
便器を取り替える場合、一般的には1日以内での短時間で工事が完了します。しかしこれはプロによる作業だからです。ほぼ毎日、水道工事に従事している専門業者なら、手際が違うのは当たり前です。
なおかなりの重労働ですから、慣れない人ならかなりの時間がかかることになります。素人が時間をかけて行おうと思っても、要領が掴めず1日で終わることは殆どないといっていいでしょう。2日かかってしまえば、その間仕事もできませんしトイレも使えないので不便に感じてしまうものです。

トイレの詰まりの原因には、色々なパターンがあります。

.トイレットペーパーを一気にたくさん流してしまった
.テッシュペーパーを流して詰まった
.嘔吐して流した物が詰まってしまった
.ごみなどを流してしまって流れが良くない
.生理用品を流してしまった
.携帯電話(スマートフォン)を落とした
.歯ブラシやペンを落として流してしまった
.ハンカチを落としてそのまま流した
.子供がおもちゃを落とし、奥で詰まった

上記以外の原因でも、便器の奥の排水管で何か問題があったり、老朽化により部品などが劣化してしまっている可能性もあります。自分で修理をするとなると、予想外に対処が難しくなる場合があります。

電源工事が必要な場合は専門業者のみが工事可能になります

古い便器から新しい便器に交換する等の場合に、ウォシュレット機能付の便座に交換する時は、トイレ内に電源がなければ新たに電源工事が必要になります。配線工事は素人が行うことができませんので、やはり専門業者に一括して依頼することをお勧めします。

自分で修理し失敗した場合最初の症状より悪くなってしまうリスクが大きい

現在は様々な方法がインターネット上に記載されており、時間をかけてゆっくりと行えば大丈夫と思いがちです。しかし、配管部分をつなぐ工事も必要になるため素人では難易度が高いです。上手く工事ができず、交換後に不良箇所があったりすれば、最終的には修理代がかかってしまうことが多々あります。

ご家庭のトイレの詰まりや水漏れを起こし、早急な対処が必要な場合は、専門の修理業社に依頼しましょう。トイレはその構造的に内部がどうなっているかを一目で判断することができません。軽度なトイレのトラブルの場合でも、不具合を発見した時点で、業者さんに徹底的に見てもらい完璧に修理してもらうことで、重大なトラブルを未然に防ぐことにも繋がります。
業者に頼む際の費用は、軽度ものほどお安く、重度なトラブルとなると、費用もそれなりに膨れてしまいます。
トイレの修理は、長い目で見れば、不具合を発見した時にすぐに業者さんに依頼することが、もっとも効率的で、費用も抑えられるのです。


ページ上部へ戻る