ブログ

トイレの詰まり解消のコツ

家庭でできるトイレの詰まりをすっきり解消するコツ

日々の生活で使用するトイレの詰まり。よく遭遇するトイレトラブルですが、自分でもできる詰まり解消のコツをご紹介します。
重曹やお酢などを流し込んで詰まっている物を溶かす方法やお湯での解消法などいろいろ聞いたことがあると思います。しかし用法容量を間違えると配管が破損し、結果的に高い修理費を支払うことにもなりえますので十分注意して行いましょう。

トイレのつまりの原因

トイレのつまりを除去する方法には様々あります。お湯、重曹とお酢、薬剤、ラバーカップ、真空式パイプクリーナー、ワイヤー式パイプクリーナー、高圧洗浄機などありますが、どの対処法が効果的かはトイレのつまりの原因によります。

大量の便を一度に流して詰まった場合

一度に大量の便を流してしまいトイレが詰まることもよくあります。硬くなった便は当然つまりやすくなります。しかし便は時間とともにほぐれて軟らかくなり分解されます。まずはそのまましばらく放置してみて、それでも変化が無ければお湯、重曹とお酢、薬剤、ラバーカップの流れで作業をしていきましょう。硬くなった便は、ほぐれるのにかなり時間を要することがあります。もしワイヤー式パイプクリーナーをお持ちなら便器の中に差し込んで直接便をほぐせばより早くつまりは解消できます。

トイレットペーパーを大量に流して詰まった場合

トイレットペーパーを大量に流しすぎて詰まった場合、トイレットペーパーを必要以上に流すと便器の内部に引っかかって詰まりやすくなっています。しかしトイレットペーパーは水に溶けるように作られていますので、しばらく放置すれば直ることもあります。
トイレットペーパーが原因のトイレのつまりであれば、まずしばらく時間を置いてみて、変化が無ければお湯、重曹とお酢、薬剤、ラバーカップ等でほとんどの場合解消できます。

重曹とお酢を使用した詰まりを解消方法

トイレ掃除用の掃除シートや水に流せるペーパー系といったトイレに流せる商品は詰まってしまった場合でも時間が経てば勝手に溶ける場合もあります。しかしこれだとかなり時間がかかる場合があります。そこで重曹とお酢を使用すると即解消できます。

用意するもの

・重曹50ml
・お酢100ml
・お湯(40℃~60℃位)200ml

便器内の水をバケツなどで汲んで水を減らします。

その後上記で用意したものを上から順に入れ、1時間程放置します。重曹とお酢を混ぜることにより炭酸にり、炭酸の力で溶かすという方法です。

お湯を使用した詰まりを解消方法

トイレのつまりの原因で一番多いのがトイレットペーパーや汚物の流しすぎによるものです。トイレットペーパーは、水に溶けるようになっているので放っておけば溶けます。しかしあまりに大量に流すと溶けるのに非常に時間がかかります。

この場合に一番手軽にできる方法としてお湯を使用すると解決する事が出来ます。これは水よりお湯の方が溶けやすいからです。

注意点としては熱湯だと配管や便器が破損する危険がありますので、40℃~60℃くらいのお湯を使用します。

・バケツで便器内の水を汲んで水かさをできるだけ減らす
・お湯を出来るだけ高い位置から、排水口めがけて流し込む
・2~3回繰り返し、1時間程放置する

重曹とお酢と同様、最初に便器内の水を減らします。水が多いとお湯がぬるくなるためと、排水溝の奥までお湯が届かなくなってしまうからです。

お湯を流し1時間程放置すると水位が下がってる状態になっていると思います。水を流し、正常に流れるようになれば詰まり解消しています。

お湯を使っても流れない場合は、ラバーカップや真空式パイプクリーナーを使用します。

ラバーカップや真空式パイプクリーナーを使用方法はこちらから


ページ上部へ戻る