ブログ

トイレが詰まった、ゆっくり流れる

覚えておきたいトイレの詰まりや流れが悪い時の原因と対処

突然自分の家のトイレの流れが悪くなってしまって困った経験がある人は多いと思います。トイレの水を流してもペーパーや汚物が全て流れずに便器に残ってしまったり、一度で流せるはずが2度も3度も流さなくてはいけないとなると水道代にも影響したりと良いことはありません。日々節水に励んでいる方だと尚更気になります。

・以前は普通に水が流れていたが最近は水の流れが悪くゆっくり流れるようになった
・水は流れるが、変な音がする様になった
・水を流したら、一度水位が上がってから流れるようになった
・トイレが詰まりやすくなった

等症状は様々ですが、解決策が見つからずに悩んでいる方も多いと思います。
そんなときに覚えておきたい原因の確認と対処法を紹介します。

タンクを開けて中を確認する

水の流れが悪い場合、故障しているわけでは無く単に流す水の量が基準よりも少ないといった原因が考えられます。先ずは、タンクを開けて水位が基準値まで達しているか確認しましょう。タンクの中にペットボトルを入れる節水方法を聞いたり、実際に行っている方もいるとは思いますが、やってはいけない節水方法です。
トイレタンクにはある程度の水量を溜めることが出来るように基準値が設けられています。その基準水量よりも少ないと満足いく水量は確保できない為、詰まりなどのトラブルを引き起こしますので、トイレタンクの水量は一定を保つようにしましょう。

タンク内の水位を確認する

タンク内で異常が起きていると水の流れが悪くなります。トイレには水位を調整するための水位調整リングがあり、基本的には基準値で調整されていますが、調整が出来てないとそういったトラブルの原因となります。
更には浮き玉の支持棒が変形していたるすると水位に異常をきたす原因になることもあり、大抵の場合はタンク内を覗くと水位が異常に高くなるか低くなっています。
調整自体は簡単に済むケースが多いので、実際に調整してみましょう。

トイレタンク内水位の調整

水位の調整方法はボールタップの付け根の形状によってやり方が異なり、水位調整リングがあるタイプや大根の様な形をした円柱形タイプや水位調整が出来ないタイプなど、種類によって調整していきます。

浮き玉が円柱形

新しいタイプのトイレの多くがこのタイプで、浮き玉が円柱形をしていて水位が高い場合は、上から見て時計回りに、低い場合は半時計回りにまわします。

浮き玉が円形

このタイプは水位調整リングと呼ばれる物が付いていて水位調整が出来ます。長年使っているトイレだと水位にズレが生じてくる事があります。
ボールタップの付け根の部分にネジのようなものがあり、その部分が水位調整リングになり、リングを引き上げるとロックが外れます。水位が低いときは時計回りに、水位が高いときは反時計回りに回します。調整したい水位になるまで回してください。90度回毎に約8mm水位が変わるようになっており、それを基準に調節していきます。

調整後に水位の確認

水位の調整が完了後、標準水位で水が止まるか確認します。一度レバーを回してタンクの水を抜きます。手洗い器につながる管から水が吹き上げてくるのでコップなどを使用して被せながら行います。オーバーフロー管から2、3cm下で止まれば適正水位となります。

トイレで水を流すとゴボゴボと音が出る

トイレで水は正常に流れるが、ゴボゴボと音を立てて流れていくケースがあります。この場合トイレが詰まっている可能性があり、トイレの詰まりには大量のトイレットペーパーを流しすぎてしまった紙詰まり、水に溶けないペーパーを流したり、猫砂、おもちゃなどの固形物を流してしまった場合など排水管で詰まりが生じてしまった事でゴポゴポ音を立てる原因となります。

紙詰まり

詰まりの種類の中でも多いのが紙詰まりです。一気に大量のトイレットペーパーを流すと詰まりやすくなります。紙詰まりもラバーカップや真空式パイプクリーナを使えばある程度は解消出来ます。トイレットペーパーではなくティッシュペーパーは水に溶けない性質を持っているので流さないようにしましょう。

汚物による詰まり

つまりの原因で一番多いのがこの汚物によるつまりです。水が溜まって無い状態で流してしまうと水量が不足し詰まりの原因になってしまうことがあります。しかし、汚物における詰まりであればラバーカップや真空式パイプクリーナーを使って簡単に解消することが出来ます。

猫砂

ペットを飼っている家庭での詰まりの原因で多いのがこの猫砂によるつまりです。猫砂はトイレに流しても大丈夫という商品も多いですが、やはり大量に流してしまうと詰まってしまいます。一気に流さず少しずつ流すようにしましょう。もし、詰まらせてしまった場合はラバーカップを使うかそれでもダメなら真空ポンプを使いましょう。

おもちゃや固形物など

一番厄介な詰まりの原因は固形物等によるものです。お子さんがいる家庭では、子供が誤って流してしまう事がかなりあります。このケースでは判断が付かない場合が多く、便器を取り外しておもちゃが詰まっていたというケースが多いです。
また、消臭剤をトイレに置いている方も多いと思いますが、誤ってキャップを便器に落としてしまい、そのまま流してしまったら詰まってしまい、原因に気づかないことが多くあります。
また、携帯電話を落としてしまうケースも多いです。ポケットからするりと落ちてしまい、そのまま流してしまうケースです。固形物を落としてしまった場合は便器内の配管で詰まっている場合は取り除く事で解決しますが、その奥の排水管にまで流れてしまうと厄介です。手で取り除く事が出来ないの専門業者に依頼しましょう。

ラバーカップや真空式パイプクリーナーを使って詰まりを解消

ラバーカップでの解消

トイレの詰まりにはラバーカップが一番効果的です。ラバーカップには種類があり、和式用、洋式用、節水トイレ用と種類があり、便器の形状に合わせて選ぶようにしましょう。

カップを押すときは、カップ内の空気をすべて押し出すイメージでゆっくり押し付けます。このときにカップの中は真空状態になっている必要があり、何度か押し付けているうちに適切な位置が掴めるので、調整しながら作業をします。

カップが押し込み、引き上げるを繰り返します。引き上げる際のコツとしては、勢いよくやってあげることです。押すときはゆっくり、引き上げるときは勢いよくし、カップを引き上げると水が吸い寄せられ、その勢いで詰まっているものが動いて詰まりが解消されます。何度か押して、引いてを繰り返しているうちに、水がスーと引いたら詰まりがとれた状態になります。

真空式パイプクリーナーでの解消

ラバーカップはトイレの詰まりを解消する為の代表的な道具ですが、場合によってはラバーカップでは詰まりが解消されないケースもあります。そんな時は真空式パイプクリーナーを使用します。真空式パイプクリーナーはラバーカップではとれない頑固な詰まりでも取り除くことが出来ます。ホームセンターなどで購入できるので手軽に試せて、使い方も簡単です。

薬剤での解消

水道修理業者が主に使用している薬剤として、ピーピースルーがあります。業務用の超強力な薬剤の一つで、即効性があることから詰まりを取り除く事ができるのでて多くの業者が使用しています。使い方も簡単で入れて待つだけです。勝手に薬剤が詰まりの原因を溶かして流してくれます。簡単に使用できますが、その分強力な薬剤なので使用方法には慎重に行う必要があり、使い方をには十分注意し、用法容量を正しく把握して使いましょう。

お湯を使って解消

最後はお湯を使った詰まりの解消法です。聞いたことや試したことがある方も多いと思われる、お湯を便器に注いで待つという手軽な方法なのですが、かなり効果が期待できる方法で、お湯を注ぐ事で紙や汚物をふやかすことが出来き、時間が経つと自然と流れていくという仕組みです。
しかし、トイレは緊急性が高いので時間がない方はラバーカップなどを使用してください。


ページ上部へ戻る